開催日  主な質問内容  
令和元年12月定例会
(12月9日) 

1 持続可能な「健康都市おおぶ」の実現を目指して
(1)10万人都市の実現に向けて、今後11年間で約8,000人をどのように増やすのか
・令和12年度の計画人口を10万人とした根拠は何か
・住宅地の確保についてどのように考えているか
・既に住宅地となっている市街化調整区域の下水道整備をどのように考えているか
・外国人の受入れに対する考えは
(2)全ての人にとって安心で安全なまちづくりのために
・聴覚・言語機能障がい者の方々の119番通報についての現状はどうか
・Net119緊急通報システムの導入についての考えと今後の予定は
(3)高齢者がいつまでも快適で便利な暮らしを送るために
・高齢者の安全運転について新たな対策を検討する考えは
・運転寿命延伸を研究している国立長寿医療研究センターと連携する考えは
(4)神田地区周辺のまちづくりについて
・市道井田上線の歩道整備の進捗状況はどうか
・午池南交差点の渋滞解消策の効果と更なる改善策は
・神田小学校のグラウンド改修についての考えは
・大府市買い物支援ガイドの効果と商業振興に対する取組はどうか

 
 映像
令和元年6月定例会
(6月13日)  

1 大府市の未来を担う子供たちが健やかに成長するために
(1)いじめや不登校児童生徒に対する取組について
・大府市のいじめの現状をどのように認識しているか
・いじめが発生した場合、どのような対応をしているか
・「LINE公式アカウント」を無償で利用できる「地方公共団体プラン」を活用する考えはあるか
・LINEを活用したいじめ相談について、今後取り組む考えはあるか
・大府市の不登校児童生徒の現状をどのように認識しているか
・不登校児童生徒に対して、どのような対応をしているか
・適応指導教室「レインボーハウス」の利用状況はどうか
・アウトリーチ型の家庭教育支援について、今後取り組む考えはあるか
(2)幼児教育・保育の無償化について
・対象者及び対象範囲はどうなっているか
・財源はどうなっているか
・病児・病後児保育の利用についてはどうなっているか
・就学前の障がい児の発達支援の利用についてはどうなっているか 

 議事録

 映像 
平成30年12月定例会
(12月10日) 

1 暮らしやすいまちづくりを目指して
(1)大府市が目指すまちづくりについて
・SDGs(持続可能な開発目標)をどのように捉えているか
・SDGs達成のためにどのような取組をするのか
(2)大府市の公共交通について
・循環バスの利便性向上についての取組はどうか
・デマンドタクシーについての考えはどうか
(3)北崎地区のまちづくりについて
・北崎大池を利用した農業用水の水質及び安全性はどうか
・多目的グラウンドの必要性についての考えはどうか
・商業振興に対する取組の進捗状況はどうか 

 議事録

 映像
平成30年6月定例会
(6月12日) 
 
1 大府市における都市間交流について
(1)都市間交流の基本的な考え方は
(2)新居浜市との都市間交流を進める考えはあるか

2 「日本一元気な健康都市おおぶ」の実現に向けて
(1)持続可能なまちづくりに必要なことは何か
(2)北崎地区のまちづくりについて
・衰退した商業を補うために、どのような方策が検討されたか
・循環バスの利便性向上の進捗状況はどうか
・市道井田上線の道路改良の進捗状況はどうか
・午池南交差点の渋滞解消策の進捗状況と今後の予定は
・公園を増やす考えはあるか
・神田小学校グラウンド改修についての考えは
・北崎地区が発展するためのまちづくりをどう考えるか

  議事録

 映像
 平成29年12月定例会
(12月7日)

 1 市民が利用しやすい地域ポイント制度とは
(1)地域ポイントをどう考えているか
(2)おおぶ一生元気ポイントの取組状況はどうか
(3)今後の展開について
・「ながおかタニタ健康くらぶ」に相当する組織をつくり、長岡市と同様のポイント制度を導入する考えはあるか
・ポイント付与の対象範囲を拡大する考えはあるか
・地域商店街との連携についての見解は
・市民にとって利用しやすい地域ポイント制度とはどのようなものであるか

2 市民が利用しやすい公共交通機関を目指して
(1)ふれあいバス(大府市循環バス)について
・運行の目的と役割をどう考えているか
・多様化する市民のニーズや苦情をどう把握して対応していくか
(2)オンデマンド交通について
・オンデマンド交通についての見解は
・大府市への導入についての考えは
(3)大府市が目指す公共交通機関のあるべき姿とは

 議事録

 映像 
 平成29年6月定例会
(6月12日)

1 大府市民の健診率を上げるために
(1)医療費の状況と疾病り患状況について
・愛知県内の比較では大府市の医療費はどのような状況になっているか
・疾病り患状況のデータを大府市民の健康状況の実態としてどのように分析しているか
(2)大府市民の健康状態の現状について
・健診及びがん検診の目的をどのように考えているか
・健診及びがん検診の現状をどのように分析しているか
・無料クーポン事業の狙い、効果及び今後の方向性は
・特定保健指導の実施率をどのように分析しているか
(3)大府市民の健康状態を上げるための取組について
・ポピュレーションアプローチとハイリスクアプローチをどのように使い分けているか
・年代別及び健康意識別の取組はどうなっているか
・市民意識向上のための周知をどのように進めているか
(4)新たに取り組んでいる事業の位置付けと今後の方向性について
・認知症不安ゼロを目指す大府市プログラムの事業展開と進捗状況はどうなっているか
・長寿・健康増進事業が目指すところと現在までの取組は
・糖尿病性腎症重症化予防事業の位置付けと、これまでの取組の状況は
・データヘルス計画策定の進捗状況はどうなっているか
・どうすれば健診率を上げることができると考えているか

2 足育について
(1)今までに調査・研究したことはあるか
(2)今後、普及・啓発を行う考えはあるか 

 議事録

 映像
平成28年12月定例会
(12月7日) 

 1 暮らしやすいまちづくりを目指して
(1)大府市が目指すまちづくりについて
・現状とこれまでの取組は
・どのようなまちづくりを目指すのか
・中心市街地以外の地域に関するまちづくりをどう考えているのか
(2)北崎地区のまちづくりについて
・現状とこれまでの取組は
・商業が衰退していることをどう考えているのか
・再興するためにはどうしたらいいのか
・狭小道路が多く、交通困難な現状をどう考えているのか
・どのようなみちづくりをしていくのか
・北崎地区のポテンシャルを生かしたまちづくりの構想は
(3)大府市まちづくり構想提言書に基づく三つのウェルネスバレーの新たな展開について、どのように考えているか

 議事録

 映像 
平成28年6月定例会
(6月13日) 
*自治区、コミュニティの在り方を地域内分権の観点からどのように考えているのか。
*現状における課題と今後の取組についても、あわせてお聞かせ願います。
*市民活動センターとボランティアセンターの連携によるNPOやボランティアの協働を拡大するための取組について   他
  議事録
平成27年12月定例会
(12月8日) 
*大府市では、シティプロモーションをどのように捉え、どのように考えているのか。
*大府市では、今までにどのようなシティプロモーションの取組をして、どのような効果があったのか
*今後、大府市のシティプロモーションとして、どのような取組をしていくのか、また、課題は何か。
他 
  議事録
平成27年6月定例会
(6月11日) 
 *幼保児小中連携教育について
*青少年の居場所づくりについて
*保育園及び小中学校の給食について  他
 議事録